|

MENU

サイト変更のお知らせです。

当サイトへご訪問ありがとうございます。

現在、最新の情報商材レビューはこちらの

       Ken's アフィリエイト戦略U

で更新しております。ぜひ、こちらにもご訪問くださいませ。

アフィリエイトサイトを作成する前に

広告がきまって、ターゲティングもきまって、キーワード選定もできて、タイトルもできた!
そしたら次はいよいよサイト作成ですが、その前にぜひやってほしいことがあります。

 

ライバルサイトのチェック

 

です。
ここでは被リンクの量だとかそんなテクニック的なチェックではありません。
ライバルはどういう紹介をしてるのかということを学ぶためにチェックするのです。
商品・広告の固有名詞を入れて検索してみましょう。

 

携帯であれば、携帯からきれてみることをお勧めします。
なぜか携帯アフィリイエイトを実践しようとするのに、携帯からアフィリエイトサイトを見たことがないって人もいますが・・・

 

その操作性や見え方、ライバルのサイトを見て得るものはかなり多いです。
訪問者からどう見えるかをわからずに表現するほど無謀に近いものはないです。
実際検索して上位に表示されてるのは公式サイトを除くとかなりアフィリエイト強者です。

 

そしてもう1つ注目してほしいのがPPC広告で出稿されてる文言等ですね。
検索エンジンで上部に色がわかって表示されたりしますのでわかると思います。
ここはキャッチが優れてるものが多いのでぜひ参考にしましょう。

 

上位のサイトを見てみて、あなたがクリックしたくなるようなサイトがあればじっくりその構成をチェックしましょう。
どういうタイミングでアフィリリンクをいれてるのか、とか、どういうふうに画像を使っているのか・・・などですね。

 

絶対に忘れてはいけないのが「アフィリリンク」です。

 

嘘みたいですが、アフィリリンクを入れ忘れたサイトや、どれがリンクかわからないっていうサイトもあります。
必ずわかりやすく誘導してあげましょう。

 

最近のコンテンツで注目されてるのが動画です。
オブジェクト貼りつけや携帯なら専用のリンク、または専用のツールで動画をUPしてもいいかもしれません。
こうしたコンテンツ活用も工夫でプラスしながら、気にいったサイトの構成をチェックしてみましょう。

 

ただし、ぱくったりしたりはダメですよ。
自分さえよければ、というスタイルの人が紹介するものを誰がみてくれるでしょうか・・・

 

このように、よい点を参考にしながらサイト作成をしていきます。
いよいよサイト公開までしたら次は・・・
次はサイト公開後の作業について、です。

 

記事)Ken

アフィリエイトサイトを作成する前に関連ページ

アフィリエイトではじめにすること
いろんなアフィリエイト手法がありますが、できるだけはじめにするとよいことは何でしょう。 僕は・・・
アフィリエイトの商品・広告の選び方
アフィリエイターの最大のメリット、考えてみたことはあるでしょうか? それは
アフィリエイトの商品・広告の調査
さて、「商品・広告選定」でこれだというものを決めたあなたがすることは何でしょう。 それは・・・
アフィリエイトでのターゲティング
どんな商品・広告でも非常に属性が濃くなるキーワードがあります。 それはズバリ
アフィリエイトでのターゲティングを広げる
紹介する商品・サービスが新商品・新サービスだったり、またはその商品を欲してるひとが実は商品名をご存じなかったりすることもあります。 ここが、アフィリエイターの腕の見せ所です。
アフィリエイトサイトのタイトルを考える
抽出したキーワードからタイトルを考えるポイントとは・・・
アフィリエイトサイト作成後にすること
プロアフィリエイターKenが、実際の現場で使っていサイト作成後にすることはいくつかあります。 その中でも欠かさず2つはやって欲しいことがあります。それは・・・
検索エンジンについて考える(上)
超優良な中小検索エンジンはヤフカテからの被リンクに相当し問題のある中小検索エンジンは効果がなく(そもそもリンクされない)、メルアド収集されて売られる・・・
検索エンジンについて考える(下)
なぜ、中小の検索エンジンに登録するのか。 それは、他のアクセスアップも当然施しますが、初期の段階でどれだけの反応がでるか、そして・・・
アフィリエイトの作業配分
なかなか成果がでないなぁって方はここの部分を見直してみる
あなたの秘めた可能性を知る
アフィリエイトでは特になんだけど、「ハズレ」を恐れていたらこれはもう永遠に成功しないです。 全部が当たりなんてこと、ないですから。
報酬をあげるコツ。まずは売り込みを考える
ちょっと使えるアフィリな話
アクセスを集める記事の書き方
ちょっと使えるアフィリな話
すべての人が固定客ではないという視点
ちょっと使えるアフィリな話