|

MENU

サイト変更のお知らせです。

当サイトへご訪問ありがとうございます。

現在、最新の情報商材レビューはこちらの

       Ken's アフィリエイト戦略U

で更新しております。ぜひ、こちらにもご訪問くださいませ。

アフィリエイトの作業配分

稼げる人と稼げない人がいる。

 

それは現実としてあることで、これはどこにその差があるのかな?
と、僕が何名ものサポート&ティーチングしている中で感じてるのは、

 

「作業の配分バランスが悪いんじゃないかな」

 

ということです。

 

稼いでるというか稼ぎ続けているアフィリエイターは全体を10とすると

 

 6割が事前調査(広告調査、ターゲティング、キーワード選定)
 2割がサイト作成
 2割が被リンク作業、メンテナンス、随時更新

 

という作業割合です。

 

もしこういう感じでないのなら、足らない部分を見直してみるのがいいかと思います。

 

これを見てると、アフィリエイト作成ツールだとかだと、ツールがしてくれるのって主に2割〜3割程度の作業でしかないのです。

 

それにもかかわらず、やみくもにサイトを作成して終わってるだけの方が多いです。

 

広告調査、ターゲティングをして、そのサービスや広告先のものをほしいと思っている人に焦点を合わす。

 

それができたら、あとは単純です。
その焦点にあったひとをタイトルで集客してアフィリ広告をさしだすのです。

 

特にPCよりも携帯は特にシビアにその層をターゲットしていくのです。
殆どがクッキーが効かないし、画面に表示できる情報が少ないので、
買う気のない人を説得するのは難しい。
あえて難しいことはせず、買う気のある人だけを集めるっていうのがポイントです。

 

ここさえできれば、ツールがあるなら大量生産もできるのでより稼ぎが加速可能だってことになります。

 

そして、被リンクにしても自身でバックリンクを作れるならそれにこしたこともないですけど、ここもバックリンク用のツールを活用したり、中小の検索エンジンも充分バックリンクになるので、
そういうのも活用する。

 

どれも省くことのできない工程であるにもかかわらず、比重的にまったくしてないなぁと稼いでない人を見てて感じられるのが、
この2つ

 

 ・広告ターゲティング調査
 ・バックリンク、検索エンジン等の登録

 

です。

 

なかなか成果がでないなぁって方はここの部分を見直してみるのもいいかなと思います。

 

記事)Ken

アフィリエイトの作業配分関連ページ

アフィリエイトではじめにすること
いろんなアフィリエイト手法がありますが、できるだけはじめにするとよいことは何でしょう。 僕は・・・
アフィリエイトの商品・広告の選び方
アフィリエイターの最大のメリット、考えてみたことはあるでしょうか? それは
アフィリエイトの商品・広告の調査
さて、「商品・広告選定」でこれだというものを決めたあなたがすることは何でしょう。 それは・・・
アフィリエイトでのターゲティング
どんな商品・広告でも非常に属性が濃くなるキーワードがあります。 それはズバリ
アフィリエイトでのターゲティングを広げる
紹介する商品・サービスが新商品・新サービスだったり、またはその商品を欲してるひとが実は商品名をご存じなかったりすることもあります。 ここが、アフィリエイターの腕の見せ所です。
アフィリエイトサイトのタイトルを考える
抽出したキーワードからタイトルを考えるポイントとは・・・
アフィリエイトサイトを作成する前に
広告がきまって、ターゲティングもきまって、キーワード選定もできて、タイトルもできた! そしたら次はいよいよサイト作成ですが、その前にぜひやってほしいことがあります。それは・・・・
アフィリエイトサイト作成後にすること
プロアフィリエイターKenが、実際の現場で使っていサイト作成後にすることはいくつかあります。 その中でも欠かさず2つはやって欲しいことがあります。それは・・・
検索エンジンについて考える(上)
超優良な中小検索エンジンはヤフカテからの被リンクに相当し問題のある中小検索エンジンは効果がなく(そもそもリンクされない)、メルアド収集されて売られる・・・
検索エンジンについて考える(下)
なぜ、中小の検索エンジンに登録するのか。 それは、他のアクセスアップも当然施しますが、初期の段階でどれだけの反応がでるか、そして・・・
あなたの秘めた可能性を知る
アフィリエイトでは特になんだけど、「ハズレ」を恐れていたらこれはもう永遠に成功しないです。 全部が当たりなんてこと、ないですから。
報酬をあげるコツ。まずは売り込みを考える
ちょっと使えるアフィリな話
アクセスを集める記事の書き方
ちょっと使えるアフィリな話
すべての人が固定客ではないという視点
ちょっと使えるアフィリな話