Kenのアフィリエイト戦略|情報商材レビュー

MENU

サイト変更のお知らせです。

当サイトへご訪問ありがとうございます。

現在、最新の情報商材レビューはこちらの

       Ken's アフィリエイト戦略U

で更新しております。ぜひ、こちらにもご訪問くださいませ。

コンテンツの屋台骨つくり

プログラムの客観的なデータが浮き彫りになってきたら、ターゲット層をざっくりとでも決めていきます。

 

 

・ 性別
・ 年齢
・ 既婚・未婚?
・ 子供の有無
・ 所在地
・ 職業
・ 所得
・ 現在の健康状態

 

 

キャラクター設定をしてみます。
最初から細かくしなくていいので、まぁ、こんな人ってことで設定します。

 

 

そして、その人になってみるんですね。
そして、その人になってみるんですね。
そして、その人になってみるんですね。

 

 

肝心なので3回書いてみました。

 

場合によったら、その商品が解決してくれるであろう悩みを自分自身もっているなら、自分にアプローチかければいいんでそのまま自分をターゲットにしちゃいます。
興味のある場合でも、自分をターゲットにしちゃっていいわけです。
男性が女性向けサービスを扱うなら、その女性になりきってみましょう。

 

 

そしてなりきったら、その商品で解決できるであろう悩みについて、実際思ってることをつぶやいてみましょう。
このとき、あくまでこの時点ではこのプログラムに関しての調査という意識が大事なのです。
だから、範囲を広げすぎないことが肝心です。

 

 

たとえば、酵素系ダイエット商品なら、「運動は嫌い、食事制限はもいやだ、できるだけ誰にもバレずに手軽に強烈に痩せたい」という人、って感じですね。

 

   ・運動は嫌いだし、仕事は事務職で動く機会も少ない。
    体を動かさずに手軽に痩せる方法はないのかな?

 

   ・会社勤めしてるから、昼食のときとかランチの誘いことわれない。
    食事制限しなくてもいい方法はないのかな。

 

   ・酵素ダイエットって体に悪くないのかな。
    何か副作用とかはないのかな。

 

 

というふうに、悩みや不安点や欲求点をつぶやいてみましょう。

 

ひとつつぶやくごとに「他にはない?」「なんでそこが悩みなの?」と一人つっこみをいれてみましょう。

 

このときに、インデックス用ブログのアクセス解析で集めたキーフレーズがあれば、それもチェックしてみましょう。

 

そこに、今回のプログラムが解決できるような検索フレーズがあったら(例: 特に「酵素ダイエットはリバウンドしない?」と文章ではいってるのならモロですね)それも付け加えるわけです。

 

ターゲットとする人の1日の生活を考えて(自分なら自分の生活をかんがえて)、そのシーン、シーンによってでてくる悩みをとにかく、自己インタビューしてしゃべってみて、メモしてみます。

 

これをできれば5つ以上出してみましょう。

 

もし、そのターゲットだけではこれ以上でてこないなぁ、と思ったら、キャクター想定(属性)を変えて見ましょう。

 

男性⇒女性にしてみる、健康状態を変えてみる(妊娠、花粉症、タトゥ、アトピー・・・)、家族構成を変えてみる。

 

するとまた、違う視点での不安点や問題点、悩みが浮き彫りになってくると思います。

 

 

 

いやぁ、もうそれも浮かばない。

 

 

 

その場合は・・・次回書きます。

 

記事)Ken

【サイトアフィリ手の内】コンテンツの屋台骨つくり関連ページ

【サイトアフィリ手の内】プログラム選定で考えること
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】プログラム選定で考えること(2)
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】プログラム調査
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】コンテンツの屋台骨つくり2
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】アクセスを集める記事
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】実際に成約の取れている記事とその解説
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。