Kenのアフィリエイト戦略|情報商材レビュー

MENU

サイト変更のお知らせです。

当サイトへご訪問ありがとうございます。

現在、最新の情報商材レビューはこちらの

       Ken's アフィリエイト戦略U

で更新しております。ぜひ、こちらにもご訪問くださいませ。

アクセスを集める記事

アクセスを集める記事ってコツがあります。
アクセスを集めるポイントとしては、
各記事によって、ポイントとなるようなキーワードを、
類似語や類似表現にして、
言葉にバラエティをもたらせていくということです。

 

みながみな、同じキーワードを使って
検索するわけではないからですね。

 

若干余談になりますが、
「ペラサイトでは稼げない」
ということをよく聞くじゃないですか。
(稼げなくもないんですが、稼ぎにくいのは事実ですね)

 

あれは何も、検索エンジンに嫌われるとか
そういう意味だけの話じゃないんですね。

 

単純にいえば、それだけキーワードを
つめることができないので、
どうしても訪問する人が限定されてしまう
というのもあるんですね。

 

極端な例を言えば、
同じ悩みをもってても日本語のサイトには
日本語でキーワード入力した人しか訪れない、
ってわけです。

 

英語でいれられたらたどり着かないんですよね。

 

もっといえば、あなたがそこに記述しない言葉で
悩みを検索している人は、
あなたのサイトにはたどりつかないということですね。

 

なので、アフィリ記事を書くときは、
言葉にバラエティをできるだけ意識して書くほうが、
より広い範囲で人を集めることができますよってことです。

 

そういう面でも、ペラサイトって成約させるのが
なかなか難しいということなんですよね。

 

よほどコンテンツが強烈にささるもので、
10人きたら9人に響くというのであればいいんですけどね。
初心者さんや中級者さんほど、難しいのはそこです。

 

こうしたことも、できるだけでいいので意識して記事を書いてみましょう。

 

■頭の中のキーワードって限られています。

 

とはいっても、頭の中にあるキーワードって限られています。
なので、類似語・関連語・連想語・複合キーワード・・・
とあちこちのサービスなど元に探してくるんですね。

 

これもアクセスを集めるのに有効だからってのもあるけど。
もっと他にも使い方があって、
ある程度成約のとれるサイトができたら、
こうした類似語・関連用語・複合キーワードを使って
同じような構成で別サイトを展開します。

 

使う言葉がちがっても、訴求力はほとんどかわらないので、
こうして稼げるサイトができちゃうわけです。
これ、全然いまも通用しますよ?

 

月数件のサイトができたら、それをもとに、
こうした展開を、無料ブログ、無料HPも含めて、
ま、当然独自ドメインも含めて30サイトぐらい
がさーって作っちゃいます。

 

ここのポイントはいろんな媒体をまぜるところです。
分散しておくことですね。

 

無料系の強み、独自系の強みなどが補えあえますし、
また、同じ無料系でも強さの違いなんかがよくわかります。

 

こうやって展開していくと、ストーリーは同じでも、
語る言葉が違うので、オリジナルを超えるサイトが
生まれることもたびたびあります。
そうしたら、そのサイトを育てるほうにまわしていくんです。

 

■でも、サイドビジネスだと探すだけでも大変です。
いくらそうした手法を知っても、
実際キーワード調査って時間がかかります。

 

なので、サイドビジネスでアフィリをするなら、
このツールは最強ですね。

 

⇒ キーワード発掘ツール

 

文責)Ken

【サイトアフィリ手の内】アクセスを集める記事関連ページ

【サイトアフィリ手の内】プログラム選定で考えること
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】プログラム選定で考えること(2)
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】プログラム調査
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】コンテンツの屋台骨つくり
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】コンテンツの屋台骨つくり2
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。
【サイトアフィリ手の内】実際に成約の取れている記事とその解説
サイトアフィリで僕が実践していること、考えてることなど。気ままにかいています。