Kenのアフィリエイト戦略|情報商材レビュー

MENU

サイト変更のお知らせです。

当サイトへご訪問ありがとうございます。

現在、最新の情報商材レビューはこちらの

       Ken's アフィリエイト戦略U

で更新しております。ぜひ、こちらにもご訪問くださいませ。

機能UPしたブラウニー活用例

『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生!『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生!
最初で最後になるキーワード収集と選定に徹底的にこだわった
最強キーワード発掘ツール!
【Ken通信】アフィリエイト講座V2内に製作&販売Spiral-up Project)石黒氏参加で専用サポートコミュ設置!

 

 

かなり機能が強化されてて、

 

「すっげぇ!」

 

とつぶやくこと多々。

 

やばいっしょ、こんなに簡単でええのか?
いままでの手間はなんだったんだ?

 

と思うことも多々。

 

思いついたキーワードを1個あたえるだけで、あっつう間に数百近くの関連キーワードを収集してくれる。

 

関連キーワードからさらにその関連に、と増殖していくのもお手の物。

 

ただ、やみくもにキーワードだけとるのではなくて。
僕が実際キーワード選定するときの作業が1画面で網羅されてるんですわ。
これ、はありがたい!

 

って、いうのも。
このツール、現場サイドのサイトアフィリエイターの声がそのままガンガン反映されて育てるからですね。

 

机上の空論なものじゃないんです。
初期バージョンからの成長度がハンパないですよ。

 

せっかくなので。
選定手順のレクチャーを込みで。

 

 

僕はどうやってキーワード選定するのか

 

実際のツールの画面をチェックしながら、読んでくださいね。

 

こちらです。(キーワードは適当にえらびますた)
※画像クリックで大きくなります。

 


この画面は「SEOライバル調査」という機能の画面。
表面には現れてない部分ですっごく奥深い数々の機能があるのですが。
とても書ききれないので、汎用的な部分で進めます。

 

キーワードを選ぶ基準をさくっと書きます。

 

@検索回数

 

ここがあまりに少ないのはそれだけニーズの少ないキーワードなので、
商売するのに厳しいからです。

 

月1200回としたら1日の平均は40回検索されればいいほうです。
だいたの目安だけど、1位ならこのうちの半分ぐらいが来る。
つまり20アクセス。

 

2位ならだいたい3割り程度、12アクセス。
3位以下10位ぐらいになると1割程度、4アクセス。

 

サイトの構成にもよりますが、大抵10アクセスに1クリック。
50クリックで1件成約が最低ラインとして考えます。

 

となれば。
逆算するとだいたい500アクセスに1本成約となります。

 

1位のサイトだと25日で1本の割合で成約。
2位のサイトだと41日で1本の割合で成約。
3位以下10位までのサイトだと125日で1本。

 

1本あたりの単価などもあわせて、参入するかどうかの判定に使います。
僕は5000円未満ぐらいなら、3000回以上程度を目安に
5000円以上なら、1000回以上程度を目安にしています。

 

(あくまでPCサイト物販系の僕の基準です。携帯やアダルトはこの基準じゃないです)

 

 

A広告数

 

これはPPC広告の数。
これがあるってことは、お金出してもペイできるキーワードということ。
そういう判断をしていきます。

 

 

Bライバルのドメインの強さ

 

基本的に一番強いのが「ドメイン直下」のページ。
オールドドメインがきてるようならさらに強いと見ていいですね。
あと、本家サイトのページ。
他には、2チャンネルなどの掲示板サイト、アマゾン・楽天などの巨大サイト、
教えてgooなどのポータルサイト。

 

こういうのはわりかし強いです。
10位内の8割がこういうサイトだったら、ちょっと敬遠するかも、ですね。

 

 

CライバルのSEO事情

 

これはまぁ、ざくっとした感じで参考にしています。
被リンクが多いと、それなりにSEOを施してるな、とか。
その程度です(笑)
上記の状況で悩んだときの最後の感触ですね。
厳密な数値は出せないですね。
いままでのやってきた感触と自分の持ち資産の強さをあわせて検討します。

 

 

と以上のようなことをやっています。
まんま、ここに出ている情報だけで、決めています。

 

あと、サイト作成の時には、図の中で青色破線で囲んだ部分を参考にしています。
どういうタイトルをつけてるのか、どういうサイト説明で、どういうキーワードを意識して書いてるのか。

 

と、そのキーワードでのサイト作成上の参考モトネタになりまね。

 

こういう調査に数時間かけてたわけです。
それが、ほぼ放置状態で必要なデータを集めてくるのです。
最後の判定だけでいいので、それ以外のデータ収集時間はすべてサイト作成に当てられるわけです。

 

 

一番外注化しにくいパートですね

 

最後のキーワード選定を外注に出すというのはないと思いますが(笑)
そのモトネタ情報の収集も、同じだけの情報を収集させるのはまず無理です。

 

物理的に時間がかかる⇒コストがかかる

 

と。
さらに、キーワードの調査情報の集め方を教えるの大変です。
そのジャンルにある程度精通していないと関連キーワードなんてのもなかなか収集できないものです。
つまり、外注さんのスキルに大きく左右される作業になりますので、一番外注化しにくいパートでもあるわけです。
それをこの優秀さで働くので、はっきりいってプライスレスです。

 

 

僕からも応援特典をおつけします

 

   BROWNIE応援特典

 

さらに、特典で参加できる【Ken通信】アフィリエイト講座V2内には専用のサポートコミュがあり、そちらのほうには製作&販売者さんが参加されていますので、サポートもばっちりですし、そこで出た要望は、しっかりと検討してもらい、さらに成長するツールへと今後も成長します。

 

 

 

■今見たときが最安値です

 

ぶっちゃけ、あと1万前後あがっても、十分に価値はあると思いますが、購入するなら、安いほうがうれしいし、さらにいえば、それだけ作業効率があがるわけです。
早ければ早いほうが、価値はでてきますね。
こまめに機能アップするのでその経費分こまめに値上がりもやむをえない感じ。
『キーワード収集ツール』はこれですね。

 

・通常版はこちら
『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生!

 

・ライト版はこちら
『Brownie(ブラウニー)』ライト版

 

 

記事)Ken

機能UPしたブラウニー活用例関連ページ

最強キーワード発掘ツール!『Brownie(ブラウニー)』
キーワード収集!Brownieのレビューと特典紹介|プロアフィリエイターKenが、実際の現場で使っているツールと、有料でも価値のある商材の紹介。 それぞれを使ったアフィリエイト戦略など。
さらに成長
キーワード収集!Brownieのレビューと特典紹介|プロアフィリエイターKenが、実際の現場で使っているツールと、有料でも価値のある商材の紹介。 それぞれを使ったアフィリエイト戦略など。
Amazonでの活用法
キーワード収集!Brownieのレビューと特典紹介|プロアフィリエイターKenが、実際の現場で使っているツールと、有料でも価値のある商材の紹介。 それぞれを使ったアフィリエイト戦略など。